のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

なんだかこころが重いのは、“ちょっとした未練”を残し続けているからかもしれない。

日常の中の“ちょっとした未練”について話したい。

f:id:zzzowlzzz:20160223152331j:plain

 

 

 

例えば、なんとなく放置してる洗濯物とか

 

例えば、気になっているけど手を付けていないレポートとか

 

例えば、いつかやろうと思っているメールの返信とか

 

 

 

すぐに重大ではないんだけどどこかで気になってしまうような、

 

休憩しているときにふと思い出して、こころがチクリとするような、

 

そんな“ちょっとした未練”ってあると思う。

 

 

 

やってみればすぐに終わるってわかっちゃいるのに

 

ついつい後回しにしてしまう。

 

後回しにしたところで、その時その場では別に何も起きない。

 

だから時間のある時でいいや、って未来の自分にお任せする。

 

記憶の中にちょっとした未練を残していく。

 

おれは割とそういうことをしがちな人間だ。

 

 

 

そういう未練はひとつやふたつ、あったところで何の問題もない。

 

でも一つ一つの未練は、残すたびに自分のこころを「ちょっとした未練一つ分」重くしていく。

 

それが3つ4つ…と積み重なると、全体としていつのまにかこころがずんと重くなっている。

 

 

 

特別なにかがあったわけでもないのに、なんだかこころが重い、

 

と感じるときはこの“ちょっとした未練”が積み重なっていることが結構ある。

 

それぞれの未練は小さくとも、それらはいくつも重なることで着実にこころを重くする。

 

しかも「ちょっとした」ものだから

 

おれの問題がそんな小さいもんなわけねえだろ

 

って見向きもしなかったりする。

 

 

 

部屋を掃除する、とか、資料を整理する、とか、こまめにゴミを捨てる、とか

 

そういう習慣はこの“ちょっとした未練”を残さない為の工夫なのかもしれない。

 

 

 

なぜだかこころが重いとき、日常の“ちょっとした未練”を考えてみても

 

いいかもしれない。