のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

目の前の日常を少しでも良くするための情報を発信中!

エアアジア機内で映画を堪能しながら優雅な空の旅を実現する方法。アマゾンプライム,Hulu等は日本でダウンロードしてから出発しよう!

マレーシアの格安航空会社(LCC)としてアジア太平洋地域の24カ国120地域に就航している「エアアジア」。

日本からもマレーシアのクアラルンプール国際空港を中心に複数の便が就航しています。

国際線のLCCとして安くで海外旅行ができるのがやはり魅力ですよね〜

私もつい先日、クアラルンプールに住む家族に会うために格安のエアアジアを利用してきました。

しかしその安さの一方でエアアジアでは各席にモニターがないため映画などを見ることができず何も用意していかないと時間を持て余しがちという難点があります。

しかし現代は素晴らしい時代で、自分で機内に映画を持ち込む方法があるんです!

今回は私が実際にエアアジアの機内で映画を堪能した具体的な方法をお伝えしようと思います!

ぜひ参考にして実践してみてください!

 

エアアジア機内にはそもそもモニターがない

LCCはその安さを実現する代わりに大手キャリアが導入しているような様々なサービスを廃止もしくは有料にしています。

そのうちのひとつが「各席モニターでの映画上映」サービス。

LCCが登場するまでは海外旅行といえば、各席にモニターがついていてその対して解像度の良くないモニターで微妙なラインナップの映画をなんとなく見ながら到着を待ちわびる、みたいな時間も含めて旅行の醍醐味だったように思います。

f:id:zzzowlzzz:20180813140805j:plain

▲昔パリに行ったときの機内の個別モニターの写真。今何処飛んでいるかが見れたりして楽しかった。

そんなわけで長時間のフライトのお供として映画は欠かせない娯楽だったりしますが、エアアジアでは通常の席にはモニターがついていないんです。

下の写真は今回利用したクアラルンプール行きの便のシートの様子です。

どこにもモニターはなく、国内線のシートみたいな感じです。

確かにこれでは映画を見るどころか時間を潰すこともできません。

日本からクアラルンプールへの便でエアアジアを利用される方が多いかと思いますが、その場合、フライト時間は6時間ほどなのでさすがに娯楽がなにもないのは辛い…

特に一人旅だと話し相手もいないし…

エアアジアの機内サービス「タブレット貸出」

f:id:zzzowlzzz:20180813155914p:plain

そんな娯楽不足のLCC国際線ですが、エアアジアには機内で使えるタブレットの貸出サービスがあります。

Xcite Tabという名称のこのサービス。

映画を始め、テレビ番組、ゲーム、マガジン、ミュージックなどがコンテンツとして内蔵されているようです。

※ただしバリ、ニュージーランド、マレ、ネパール、サウジアラビア行きの便では利用不可みたい…

ラインナップはまあまあ

映画のラインナップについては公式ページから確認できます。

f:id:zzzowlzzz:20180813161142p:plain

公式ページ:現在上映中 | AirAsia

ハリウッド系の映画は比較的新しい作品が多いですし、邦画も数は少ないですがあります。

そしてアジア各国を飛び回るエアアジアならではでしょう、韓国映画やインド映画も見受けられます。

普段見られない各国の映画を見ることができる、という意味ではなかなか面白いかもしれません。

問題その1:日本語字幕がない

これ、日本語の公式ページでも言及されていないのでちょっと不親切かと思うんですが、このXcite Tabに関してはなんと「日本語字幕無し」なんです。

音声に関しては英語のみ、字幕に関しては中国語のみ、という仕様みたいです。

(情報が少ないのではっきり言えないのですが少なくとも2017年秋ごろの時点では日本語字幕がないことが確認できました。)

英語スムーズに聞き取れるか、中国語スラスラ読める人じゃないとなかなかしんどいかもですね…

まあ英語の勉強するつもりで字幕無しで見る!というのであれば止めはしませんが…

問題その2:価格がなかなかお高い

さてこのサービス、一体いくらなのかというと…

事前予約で49リンギット、機上で頼むと59リンギットするそうです。

f:id:zzzowlzzz:20180813163539p:plain

日本円に直すと、49RM=約1323円、59RM=約1593円

(1RM=約27円 ※2018/08/13時点)

これは価値観の問題かもしれませんが、個人的にはなかなかお高いと思います。

安いLCCのフライトを使っている旨味がちょっと少なくなるなあと。

映画ごとにiTunesなどで購入する

例えば見たい映画を一本ずつiTunesなどで購入してスマホタブレットにダウンロードしておいて飛行機の中で見る、という手もあります。

これだと自分の好きな作品をピンポイントで購入・ダウンロードすることが出来ます。

ない作品はほぼないといってもいいでしょう。

しかし一本あたりだいたい500円前後はするので大量に用意するのは難しいですよね。

VODサービスを使う(Amazon Prime Video、Hulu、Netflixなど)

そこまでお金をかけて借りるのはなあ…というときは、VODサービスを利用する、という手もあります。

VODとは動画配信サービスのことで、インターネット上で配信される動画を自由に見れるものです。

具体的には「Amazonプライムビデオ」や「Hulu 」「Netflix」などがあります。

使ったことのない方でもきっとサービス名はどこかで聞いたことがあるでしょう。

これらを使うことで機内で映画を見ることができるんです。

機内ではインターネットが使えないから見ることが出来ない、と思っている方も多いようですが、実はオフライン状態でも映画を見ることができるんです。

ダウンロード機能を活用しよう

AmazonプライムビデオHulu Netflixには実は「ダンロード」機能が備えられています。

私はアマゾンプライムビデオを愛用しているので、今回はこれを例に見ていきましょう。

トップページ

スマホのアプリのトップページはこんな感じで映画がズラッと並んでいます。

聞くところによると作品数は合計で25000以上にもなるのだとか…!すごすぎ…!

ここからまずは自分の好きな作品を選びます。

作品数は膨大な数があるので、何本かは絶対に好きな感じの作品があると思います。

ダウンロード

好きな作品が見つかったら詳細画面に行きます。

すると「今すぐ見る」の下に「ダウンロード」というボタンがあるのでこれを押します。

するとすぐにダウンロードが始まります。

オフライン再生

ダウンロードが終わったらダウンロード済み画面を開けば、一番下に「ダウンロード済みのビデオを再生」という項目があるので、ここから再生出来ます。

こうすればオフライン環境である機内でも自由に映画をみることができるわけですね。

価格はサービスごとに違う

アマゾンプライムを始めとしたVODサービスの価格はそれぞれのサービスによって異なります(以下で示すのは全て税込み価格)。

 最も安いのは私も愛用している「アマゾンプライムビデオ」。

月額400円もしくは年会費3900円(月換算325円)で利用することができます。

Hulu 」は月額1007円。

Netflix」は月額702円のベーシックコース、1026円のスタンダードコース、1556円のプレミアムコースの3種類に分かれています。

正直圧倒的に安いのは「Amazonプライムビデオ」で、作品数などもそこまで大きな差はないので、個人的にはアマゾンプライムビデオを推しますね。

30日間無料お試しできる

アマゾンプライムビデオは新規登録後30日間は無料でお試し利用ができます。

初めて使う場合は例えば海外旅行に行く前にアマゾンプライムビデオに登録してダウンロードできるだけ映画をダウンロードしておいて行き帰りの便の中で堪能して、帰ってきたら解約する、という方法を使えば、無料で飛行機機内で映画を見ることができる、ということになります。

さらには滞在先のホテルでも映画を楽しむことができるでしょう。

わざわざ高い機内サービスを利用しなくても登場前に少しだけ手間をかければ格段に安く、そして豊富なラインナップの映画をじっくり堪能できるわけです。

正直使わない手はないと思います。

VODサービス利用時の注意点

いい所だらけのVODサービスですが、海外関係で使う際は注意点があります。

それは「海外では閲覧・ダウンロードできる作品が限られている」ということ。

海外でのVODサービス

一体どういうことかというと、これらのVODサービスは一部の作品以外基本的には国内での利用しか認められていないということです。

詳しいことを説明すると長くなるのですが、ものすごくざっくりと言うと、VODサービスは安全な接続を行うためにVPNという仮想の回線のようなものを使っており、ライセンスの関係から国内でしか見られない作品はこのVPNの国籍でシャットアウトする仕組みになっているようです。

抜け道もあるのですが、ここでは本題から外れるので興味のある人は「アマゾンプライムビデオ 海外」とかで検索してみてください。

ダウンロードは日本国内で!

要は例えば日本でダウンロードし忘れたから現地のホテルでダウンロードして帰りの機内で映画を楽しもう!と思っても、それは出来ないということです。

もしくはアマゾンプライムに入会したからといって現地のホテルのWiFiで映画を見たいと思っても現地の回線では一部の作品しか見ることが出来ない、ということなんです。

これはつらい!

大事なことは「日本国内でダウンロードしておくこと」です。

ダウンロードさえしておけばオフラインでも閲覧できるので海外であろうがどこであろうが見ることができます。

機内での暇つぶしにVODを使って映画を見たい方は絶対にここを忘れないようにしましょう〜

海外旅行の機内で見る映画って最高だよね

とにかく何が言いたいかっていうと「海外旅行のフライト中に見る映画は格別だよね」ってことです。

未知の世界への憧れとか期待とか不安とかが全部混ざりあった機内では、作品に自分を投影させやすい、というか。

機内って感傷に浸りながら映画を見たいときには最高の環境だな、といつも思います。

あの独特の空気感が映画鑑賞とすごくマッチするんでしょうね。

特に飛行機が関係する映画だと震えます。

キャッチミー・イフ・ユーキャンとかアビエイターとか機内で見たらヤバそう。

(2つともAmazonプライムビデオで見れます)

そんなわけで、エアアジアをご利用の際には映画を見る環境を何かしらで整えてから登場することをおすすめします。

ぜひこの記事を参考にして優雅な素敵なフライトを楽しんでくださいね〜!