のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

スマホスタビライザー厳選おすすめ11選:価格帯別まとめzenic,veroman,Zhiyun社など

世はまさに大動画時代!

ユーチューブをはじめとした幾多の動画サービスがしのぎを削る時代。

 

スマホカメラの進化で、日常生活で動画を撮る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

そんな手軽なスマホの動画撮影ですが、やっぱり困るのは「手ブレ」。

せっかくとった動画もぶれてしまっては見る気がうせてしまいますよね。

どうせ撮るならきれいに撮っていく方法をチェックしておきましょう。

 

----------------------------------------------------------------------------------

とにかくおすすめのスタビライザーを知りたい方は

Zhiyun Smooth-Qがとってもおすすめです!

Zhiyun Smooth-Q スマートフォン用3軸手持ちジンバル

Zhiyun Smooth-Q スマートフォン用3軸手持ちジンバル

  • 出版社/メーカー: Zhiyun
  • メディア: エレクトロニクス
 

 ---------------------------------------------------------------------------------

 

 

手ブレとおさらば!「スタビライザー」とは?

日本語でいうと「安定化装置」。
持ち手がブレてもカメラ本体を安定させることで手ブレを防止することを可能にしたもの。

 

テレビの街歩き番組、ドキュメンタリー、映画などで登場する、ぬるぬる動く映像(ブレの少ない映像)は基本的にスタビライザーを使った機材で撮影されているため、あのような独特の映像になります。

 

スタビライザーのメリット

スマホを手持ちして使用するとどうしても微細なブレが生じてしまい、それが動画の見にくさ・クオリティーの低さの原因になってしまいます。

スタビライザーを使うとこの微細なブレが軽減、というかほとんどなくなり低空を滑空しているような映像になります。

 

スタビライザーのデメリット

スタビライザー自体がものによっては、それなりに重量があるので、持ち運びが不便な場合も。

遠方に持っていきたいときは、ちょっと大変ですねー

ただし!最近はかなり軽量のモデルも販売されており、気軽に持ち運びやすくなっています。

自分はどういったシーンで使うだろうか?と考えて購入すれば間違いがなさそうです!

 

スタビライザーのおおまかな種類

一口にスタビライザーと言っても、カメラを安定化させる機構が大まかに分けて2種類あります。

その2種類とは「電気式」と「機械式」です。

 

①電気式スタビライザー

モーターにより補正しながらカメラ本体の水平を保つもの。

point!
・自動調整してくれるので、安定している
・調整が緻密なので、とっさの動きに対応しづらい
・比較的高価

 

②機械式スタビライザー

やじろべえの原理で、重心を1点に集めることでカメラ本体の水平を保つもの。

point!
・カメラの重量によって自分でおもりを調節する
・とっさの動きに対応しやすい
・比較的安価

 

スマホ用スタビライザーには機械式も電気式もどちらもありますが、最近は電気式のコンパクトなものが主流となっているようです。

 

見た目はこんな感じ↓

▼機械式

f:id:zzzowlzzz:20170228165449p:plain

▼電気式

f:id:zzzowlzzz:20170228165734p:plain

「ジンバル」も知っておこう

ちなみに 「ジンバル」という用語もよく聞かれますが、これは「モーター駆動のスタビライザー」のことを指します。

モーター駆動は多くの場合電気式なので基本的には電気式スタビライザーと同義と考えてよいでしょう。

 

おすすめスマホ用スタビライザーはこれ!

総合的に最もおすすめしたい!

f:id:zzzowlzzz:20171118141451p:plain

(Amazonより)

品質はプロ仕様と言ってもいいレベルの高さを誇るスタビライザー。

一方で価格はこの品質では例外的なほど抑えられており、

コスパのいい」スタビライザーです。

Zhiyun Smooth-QをAmazon でチェック! 

1万円以内のスタビライザー

スマホだけでなく、デジタルカメラ、Goproなどにも対応している万能スタビライザー。対応デバイスが広いのでお試しには非常に便利。

いわゆる機械式で安定化させているが、調整がかなり微妙でざっくりとスタビライザーとはどんなものなのかを試してみたい人向け。

スマホで使用するにはスマホホルダーも必要(別売り)

 

▼機械式の中では世界最軽量の133g。

機械式はやじろべえの原理で安定化を図っているため、基本的におもりが必要となり、必然的に重量が重いものが一般的です。

しかしこちらのスタビライザーはスマートフォンなどの軽量のカメラに用途を絞ることで軽量化を実現しています。

冷静に考えて133グラムって相当軽いですよね。

 

 ▼最大1.5kgまでの最大荷重に対応。

こちらもデジカメからGoPro、スマホまで幅広いデバイスに装着可能なスタビライザーです。

veromanと違ってスマホカバーがあらかじめセットになっているので、さらに試しやすいですね。

とにかく頑丈で、

 

 ▼電気式だけど、安価。

 

1万円~3万円のスタビライザー

▼一番オススメのスタビライザー。ジンバル(モーター駆動スタビライザー)として高性能でありながらこの価格帯なのは相当すごい!

 

▼電気式でBluetoothを通した写真撮影も可能。

 

▼作りがしっかりしているので、動きが多めでも対応可能。

 

 ▼伸縮式で高いところからも低いところからも撮影可能。

ブレンボー by StayblCam スマホ カメラ スタビライザー (ブラック)

ブレンボー by StayblCam スマホ カメラ スタビライザー (ブラック)

 

3万円以上のスタビライザー

 ▼非常に評価の高い電気式スタビライザー。タイムラプスが撮影できたり、被写体の動きを自動追尾したりと、かなり多機能。

 

 ▼内臓バッテリーの持ち時間が良い。もともと3万円以上するモデルが値引き中

 

▼割と重めだが、動きは軽快でストレスなく使用できる。

 

ちょっと変わったスタビライザー

クラウドファンディングで資金調達し、開発された世界最小のスマホ用スタビライザー、なんてものもあります。

f:id:zzzowlzzz:20170228163902p:plain

 

世界最小!iPhone用スタビライザーで美しい動画を撮ろう!! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

試すだけなら、レンタルも!

ちょっと試してみたい、一日だけしっかり撮影したいという場合は、レンタルという手もあります。

その手の仕事の人以外使わないような高価なスタビライザーを使えるので、新境地を開拓できそうです。

acerental.net

 

さいごに

スマホでの動画撮影が一般的になって、どんどん普通のスマホユーザーが撮影する動画のクオリティーが上がっていますよね。

だからこそ自分で撮影する動画もぜひともクオリティーをあげたいものです。

スタビライザーを使って、一気に見栄えの良い動画を撮ってみましょう。