のさかんぱにー!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

プロフィールとか、自己紹介とか。

自己紹介をしたいと思います、させてください。します。

 

カンタンな自己紹介

f:id:zzzowlzzz:20170301183830j:plain

のっさん(@nosaka_muscle)

 

91年生まれ、滋賀県出身 

アコースティックを主体とした「突然のあしぶみ」というデュオで活動しています。

アコースティックギターを偏愛し、押尾コータローさんを尊敬しています。

 f:id:zzzowlzzz:20170301184153j:plain

 

文章を書くことが好きで、外部の媒体での執筆も行っています。

【過去の寄稿記事】 
れいほく田舎暮らしネットワーク 田舎ラボへの寄稿

▶ 東京から嶺北に移住。お山のベーカリーを営む、佐藤恵さんにインタビュー

▶ ファシリテーションは地方を救う⁉難波佳希さんにインタビュー

▶ アパレル業界から中山間地の農業へ。目指すは地域の流通変革!上堂薗純高さん

 

すきなこと、きらいなこと

Like:穏やかな人、早朝にコーヒーを飲む時間、好きな人とおいしい日本酒を飲む時間

Unlike:やたら声の大きい人、無理やり何かをすること

 

性格

基本のんびりしたことが好きです。

飲みに行くなら大勢でワイワイするより、少人数でじっくり話したいタイプです。

 

詳しいプロフィール 

▶保育園

・5歳にして登校拒否(登園拒否?)。別室で給食を食べる日々。

 

▶小学校

・虫取りが好きすぎて、昆虫採集に明け暮れる。ファーブル昆虫記を飽きるほど読んでいた。

・高学年になって、クラスメイトにいじられ、クラスでちょっと浮く。人間はこうやって他者を拒絶するのか!と驚く。

 

▶中学校

・高校受験を見据えた両親から指導を受け、ガリ勉と化す。学年トップをとり続け、自分は天才だ!と勘違いする。

・一方で、勉強ばかりで学生らしいことを何もしたことがない自分に強いコンプレックスを抱く。ワイワイしている人を「将来を考えていない馬鹿な奴らだ」と小バカにしていた。そうでないと精神が保てなかった。

・部活は卓球部。勉強に支障にならない部活を選ぶために全員初心者の弱小部に入ったが、一人の同級生が全国大会に行く!と言い出して、顧問のヤンキー先生が本気にしてしまい、県2位・近畿5位までチームが成長する。人生で初めて涙が出るくらい感動した。

 

▶高校

・絶対に高校デビューしてやると心に決め、ビビりながらも友達をたくさん作り、高校生らしいことをたくさんする。文化祭の出し物を頑張ってみたり、放課後カラオケに行ったり。小バカにしていた「学生のバカ騒ぎ」がこんなに楽しいのか、と知り価値観が崩壊する。勉強って何なのだろうと思ったりした。

・好きな人に琵琶湖のほとりで告白してOKをもらう。

・遊んでばかりで勉強を全然していなかったが、高3の秋から冬にかけて猛チャージ。後期日程で地方国立大に合格する。

・しかし親に受験校を決められた反発から、自分の人生は自分で決める!と合格を蹴る。1年間の予備校生活に突入。

 

▶予備校

・憧れていた、いわゆる旧帝大学を目指すも、自分は受験に関して天才でないし、才能を覆すほどの情熱もないのだと知る。

岡山大学を受験。合格。

・大学に行けてほっとするも、ちょっと挫折感を味わう。

・合格発表の当日に彼女にフラれたりもする。

 

▶大学

交響楽団に入り、練習に日々をささげるが、最大限には熱中できず、自分のやりたいことは何のだ、と模索する。

・もっといろんなことをやってみたいのに活動できない日々が続き、悶々とした時間をすごす。引きこもったりもする。

・研究室での研究が楽しくなる。調査に行ったり、文章を書いたりする時間が楽しすぎて大学院に行こうと決める。

・無事、北海道大学大学院に合格。

 

▶大学院

・環境が変わり、友人がたくさんでき青春感を味わう。

・社交的になり、学外の活動に積極的に参加するように。

・しかしどんなに活動しても、自分は誰かが用意した舞台に無理やり自分を適応させて、何も考えずに乗っかっているだけなのかもしれない、と感じ、このまま卒業して就職することに違和感を抱く。

・何もかも嫌になって、タイに国外逃亡。 

 

・大学院を休学し、各地をフラフラする。

高知県嶺北地域で出会った同年代の人々に刺激を受け、東京での就職を辞める。

 

▶協力隊

・2017年4月から、縁のあった高知県須崎市の地域おこし協力隊に着任。

・コミュニティつくりと防災分野での活動を行う。

 

 

まとめると!

▶これまではこんな人だった!

・親・学校・社会など自分じゃない誰かが用意した舞台に合わせて乗っかっているだけ。

・自分がやりたいことよりも、親・先生・友人が「いいね!」と評価してくれることを優先してきた。

・わがままは「悪」だと思っていた。

 

▶今の自分こんなの!

・文章を書くこと、音楽活動をすること、など、自分の評価軸で自分がやりたいと思えることをできている

・やりたいことに素直に、わがままになれている。

・一方で、このままでどこまで行けるのかという不安も。でもがんばるよ!