のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

僕は講演会とかワークショップが苦手なのかもしれない

f:id:zzzowlzzz:20171210132348j:plain

地域のイベントとかを作る立場なのにそれはどうなんだと自分でも思うわけだが、僕はどうやら講演会とかワークショップがそれほど好きではないらしい。

この頃そんな気がしている。

チームとか拠点とかは好きだけど、その場限りの講演会とかワークショップとかはなんだか気持ち的に盛り上がれないことが多い。

自分のやりたいことを淡々としている方が好きだし、明確な目標を目指してすべきことをする方がわくわくする。

もちろんワークショップとかで仲良くなる人もいるわけだし、その繋がりから何か生まれることもあると思うけど、今の気分としては無理して繋がりたくはない、という感じだ。

結婚できないOLの言い訳みたいになってきたが、無理して関わりを持つんじゃなくて、自然に繋がりができた人と関われればいいな、と思う。

「じゃあお前の言う自然ってなんなんだよ」という事なんだが、はっきり言って自分でもよく分からない。

同じ趣向を持った人が集まるワークショップとかの方がよっぽど自然な繋がりだとは思うんだが、なぜかあまり気乗りしない。

我ながら何を言いたいのか分からない。

 

書きながらなんとなく思ったのは、講演会とかワークショップのあの、繋がれるヤツは偉い!コミュニケーション大事だね!みんな仲間になろう!みたいな感じがしんどいんだと思う。

テーマが気になるから来たのになんで名刺交換とかして消耗しなきゃならないんだよ!という、あれ。

なんか今はそういうのはパス、という感じなのだ。

 

いいじゃないか、普段はこつこつすべき事をして、たまに気の合う友人と遊んだりご飯行ったりして、なんの生産性もない話をする、みたいなたわいのない幸せを感じていたい時期があったって。

好きな人と旅行に行ったりして、たまにはこんなのもいいねーなんて言ってるくらいが丁度よかったりするんじゃないの?

いつもガツガツなんてしていられないよ。

足元や手の届く範囲の心地いいものを大切にする時間も良いものだ。

 

講演会やワークショップがある種のやりがい搾取や主催者の自己満足になっていることも正直あると思う。

そこはもう参加する側が見極めるしかないと思うんだけど。

その場では感動しても帰ったら何も残らないなら、なんだか悲しい。

 

あと、スティーブ・ジョブズとかイチローとか本田圭佑とかそういう道を極めている人が足繁く講演会やワークショップに通ってたとも思えない。

こういうのは日常の刺激にはとても良いんだけど、実力アップとかそういうのにはそんなに寄与しないものなんだと思う。

やりたいことをやるのが一番その分野の力をつけるに決まっている。

当たり前のことだけど。

 

個人的には今は実力をつけたい時期だし、その方法も少しずつわかってきたので、淡々とそこに取り組みたい。

そのために自己管理とか生活のリズムとかそういう部分をぶらさないようにしたい。

だから講演会とかワークショップに行く意味が見出せずに、行ってもわくわくしないんだと思う。

 

ごちゃごちゃ書いたけど、講演会とかワークショップはイベントとしては楽しいし、必要なタイミングもあるけど、個人的には今は行きたくないし、行かなくていいかなと思っている。

無理に繋がろうとする雰囲気も今は感じたくないので、ちょっと避けてる。

そんな感じかな!