のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

アイデンティティが欲しいでしょ?


オタクとかひきこもりとかニートとか、今まで嫌われてきたものですら、アイデンティティになってきた。


そんなことを感じる。


自分が何者なのかをはっきりさせる言葉が欲しいんだ。


アイデンティティが欲しいんだ。


何者でもない、ただの一人の人間、


それはすごく怖いから。


誰にも響かないこと。


誰の目にも止まらないこと。


見向きもされないこと。


それが何よりつらい。


死ぬほどつらい。


このおれを見て欲しい、


このおれを認めて欲しい。


ちゃんと名前を呼んで欲しい。


なにもできないこのおれを、それでもちゃんと認めて欲しい。




「何かできないと価値がない」


って主張してくる言葉がこの世には溢れていて、


達成しろ、合格しろ、数字を残せ、結果を残せ、証明しろ


って突きつけてくる。


四方八方から隙あれば突きつけてくる。


だからお前はダメなんだ、もっと頑張らないとダメなんだ、すごい人にならないとダメなんだ。


知るかよ。


うるせーよ。


なんでお前におれの価値を決められなきゃいけねーんだよ。


黙ってろよ。


これでも必死なんだよ。


無様でも、なにもなくても、必死で生きてんだよ。




不安で、苦しくて、ニセモノでも良いから名前が欲しくなる。


誰かが呼んでくれる名前。


いいね、って愛してくれる名前。


借り物でもいいから欲しくなる。


ほら、アイデンティティが欲しいでしょ?