のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

オピニオン

25年間街で暮らしてきた男性が、3週間山奥の廃校に住んでみた結果…。

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

しんどい過去があったから今があるんだ、なんて言われたくないし、言いたくもない。

あのしんどさを乗り越えたから今がある、だから今大変な思いをしておけば、いつか頑張って良かったと思えるよ、というような言い回しに、違和感を覚えてしまう。 「大変だった」というコトと「今がある」というコトの間に明確な因果関係なんて別にないんじゃ…

他人の挑戦にイライラする人は、本当は自分も挑戦したいけど、自分には無理だと諦めている人。

誰かが新しいことに挑戦すると、いちゃもんをつけたり、現実的ではない!将来を考えろ!とか言って批判する人がいる。そういう人の言うことは、僕らはさくっとスルーしておけば良いわけだけれども。なんでそんなに感情的になるのだろうか、と考えてもみるわ…

今いる場所から遠くへ行くべき6つの理由

こんにちは! 滋賀・岡山・高知・札幌に住んできた引越し大好き人間、のさかです。 今は札幌から高知の山奥に一時的に来ています。 こうして普段住んでいる場所から遠くに来ていると、よく来たねと驚かれたり、歓迎されたりすることが多々あります。 個人的…

「どうでもいいこと」を増やすと人生がクリアになる

他人にとっては大事でも、自分にとっては大事ではない、というものは、たくさんある。 当たり前の話だ。 部活が大事な人もいれば、勉強が大事な人もいる。 しかし「大事にして当たり前」ということが決められて、なんとなく外れてはいけない雰囲気ができると…

イカツイ客のおっちゃんから教わった理想の親の在り方と生き方

その客は、端的に言って、変だった。 プロレスラーのようなガタイに、店内に響くデカイ声。 このジューシーチキンってやつに惹かれて来たのな、と店員に話しかけ、だはは、と笑う。 イカツイし、忙しい従業員からしたらやたらと絡んでくる面倒くさい客。 な…

常識かどうかなんかより、自分の選択に夢中であるか。

おれは大学院に行くのを辞めてしまった人間だ。 そして辞めても日々充実して、なんとかかんとか生きている。 だけど別にレールを外れることそのものが良いことだとも、悪いことだとも思わない。 それはあくまで向き・不向きの問題であって、普通を外れた生き…

自分を優先すればいい。自分が良くなることが、世界を良くする。

自分を優先すればいいのだ、と思う。 自分を優先させる、というとまるで自己中で反社会的な主張のように聞こえるが 実はその逆で、自分を優先するということはむしろ結果的に社会を良くすることなのだとおれは信じている。 ここでいう「自分を優先させる」と…

やってみて、経験してみて、自分の結論を得るしかない。

どんな情報にも正解・不正解はないんだと思う。 絶対的な正解・不正解なんてないはずだと思う。 そこにあるのは誰かにとっての正解・不正解、というものだけで、 あらゆる角度から正解の情報とか不正解の情報とかがあるわけではない。 実際にこれだけいろん…

くすぶっていた自分へ。自分の持っているエネルギーを思い出せ。

自分の持つエネルギーを忘れてはいけないんだと思う。 本来自分はエネルギーをもっている人間なんだ、という大前提を、思い出さなきゃいけないんだと思う。 部屋のすみっこで悶々とくすぶっていた大学時代。 挫折し、失敗し、バカなことをして家族に迷惑をか…