のさかんぱにー!

のさかんぱにー!

大好きな「音楽」と「自然」をキャリアにする!

地中海のビーチ?いいえ、高知の港です。須崎市久通地区の海が絶景すぎる。

高知県須崎市に地中海のビーチかと見紛うような海があるんです。 須崎の久通地区の海が、美しすぎて、あれ?ヨーロッパかな?って感じなので、見て欲しいです。 pic.twitter.com/IQxlMxIzZe— のっさん (@nosaka_muscle) 2017年6月15日 どうでしょう。 イタリ…

残念な自分、無様な自分のままで宣言する。だからこそ表現になる。

音楽活動をしている。 そういうと「すごいね」「がんばれ」ってたくさんの人が言ってくれる。 それは嬉しくもあり、照れくさくもあり、そして、不安でもある。 不安。 この不安はたぶん「音楽をやっている人」と見られることへの不安なのだと思う。 「楽器が…

死ぬなら初夏がいい。

死ぬなら初夏がいい。 からりと晴れた青空の下、こじんまりした火葬場で焼かれたい。火葬は熱そうだけど、炎に包まれるなんて死んでからでないとできないから、やっぱり火葬がいい。そのまま煙になって高く登って、すっと青空に混じりたい。空のグラデーショ…

たまにはお庭で、お茶会でも。

こんなイベントを開催します。 当日は、大豊の幻の「碁石茶」そして、高知のお茶といえばこれという「土佐茶」を無料で提供します。 私は現在、高知県の須崎市というところで地域おこし協力隊として働いています。 須崎市はザックリわけると旧市街地と新市街…

25年間街で暮らしてきた男性が、3週間山奥の廃校に住んでみた結果…。

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

林業×お茶栽培×花火師…移住者ふたり、複数のなりわいを持つ暮らしが豊かすぎる!

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

先生は要介護者!?逆支援型デイサービス長老大学から見える可能性:澤本洋介さん

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

【須崎まちかどギャラリー】高知で格安&オシャレなレンタルスペースを探すなら絶対ココ。

高知市内から車で30~40分程度でサクッと来ることができる須崎市に、最高のレンタルスペースがあるのご存知ですか? というか高知に限らず、私が人生で今までに見た中でも最高レベルにおすすめのレンタルスペースが須崎市にあるんです。 それが「すさきまち…

しんどい過去があったから今があるんだ、なんて言われたくないし、言いたくもない。

あのしんどさを乗り越えたから今がある、だから今大変な思いをしておけば、いつか頑張って良かったと思えるよ、というような言い回しに、違和感を覚えてしまう。 「大変だった」というコトと「今がある」というコトの間に明確な因果関係なんて別にないんじゃ…

アパレル業界から中山間地の農業へ。目指すは地域の流通変革!上堂薗純高さん

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

ファシリテーションは地方を救う⁉難波佳希さんにインタビュー

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

東京から嶺北に移住。お山のベーカリーを営む、佐藤恵さんにインタビューしたよ!

-------------------------------------------------------------- この記事は、高知県嶺北地方の移住支援団体『NPO 法人れいほく田舎暮らしネットワーク』の田舎ラボ企 画で寄稿した記事の転載です。(元記事はこちら) ----------------------------------…

求められる場所に行くことは、もはや人生戦略の基本だ。‬

特に就活生とか、転職を考えている方とか、やりたい仕事がない人とか、そういう自分を活かせる場所を探している人に届くといいなあと思うのですが、‬ ‪どこでなら自分は人から求められるのか、ということを見極められるとすごく生きるのが楽しくなります。‬ …

大学の教科書や専門書はネットで買い取りが得!?買取のWEBサービスを比較したよ

私、最近、後悔しています。 なぜならめっちゃ損をしていたことに気づいてしまったからです。 大学卒業するとき、教科書ってどうしますか? 実は私、大学を卒業した時に、今後使わなさそうな教科書とか専門書の類を処分しちゃったんですよね。 いや、古本屋…

クリエイティブの起源は、つまんなさ、だと思う。

クリエイティブはワクワクから生まれるぜ!いえーい!クリエイティブfoooo!みたいな感じってあるけど、じつは違うんじゃね?と思うこのごろ。 そもそも、ぼくらはクリエイティブが評価されないシステムで生きてきた。 最近は、クリエイティブ人材、なんて言…

SNS10周年、情報のとり入れ方を考える。自分の状態をよくする情報を選んでますか?

SNSを眺めて一日が終わってしまった。 なんてことが当たり前のように起こる現代。 (決して今日の私のことではない。そう、断じて違う。) 情報に敏感な人であれば特に、SNSなどを伝って情報はいくらでも流れ込んでくる。 フォローしているアカウントの数、…

他人の挑戦にイライラする人は、本当は自分も挑戦したいけど、自分には無理だと諦めている人。

誰かが新しいことに挑戦すると、いちゃもんをつけたり、現実的ではない!将来を考えろ!とか言って批判する人がいる。そういう人の言うことは、僕らはさくっとスルーしておけば良いわけだけれども。なんでそんなに感情的になるのだろうか、と考えてもみるわ…

他人の評価を求めてしまうのは、心の欠乏を埋めるのに必死だから。

(滞在中の家から車で30分もかからない場所に仁淀川の川原がある。) 他人の評価を求めるな、とか言われるけど、 やっぱり俺も、他人の評価を求めると基本的にうまくいかない、と思います。 ひきこもりとか夜逃げもどきとかいろいろ経験してきましたが、そう…

25歳、東京での就職をやめて高知に移住しました。

ずっと東京で働いてみたかった。 特に深い理由はないが、強いて理由をつけてみるとすれば…なんだろう。 東京という街に住む自分は一体どんな自分なのか、見てみたかった、とでも言おうか。 東京という街で、朝目覚めて、働いて、食って、寝ると、どんな自分…

【感想】札幌の餃子なら『またたび餃子』!三種の餃子が絶品。ずるい。

こんにちは、のっさんです。食欲旺盛なこの頃です。ぱくぱく。 ごはんって何食べようかなと選ぶのも楽しいですが、 ふと食べたくなる食べ物ってのもありますよね。 個人的には、ふと食べたくなる食べ物のエースが、餃子です。 餃子パイセン、ちっす! しかし…

成吉思汗なまらでジンギスカンをおしゃれに食べたら、もう札幌を忘れられない。

ジンギスカンが食べたいかー! 食べたいぞ、うおー! ということで、食べてきました、ジンギスカン。 どうもこんにちは、札幌での2年間を終えようとしています、のっさんです。 OLさんから女子大生までそのおいしさにヒーヒー言ってしまうジンギスカン屋さん…

【感想】夜行バスで乗り換え⁉︎高知→東京便は安易に値段で比較できないかも

こんばんは、移動大好き、のっさん(@nosaka_muscle)です。 ぶいーんと、高知から東京にやってきました。 山奥から大都会へ、あまりにも世界が違って、もうなんか、感性がとんでもないです。 緑がすくないよ!! 夜行バスに乗り換えがあるという衝撃 さて、私…

絶望できるからこそ人生を進めることができる。

こんにちは、のっさん(@nosaka_muscle)です。 長い間下書きに眠っていた文章を見つけ、今の自分にとって大事なことだなあと感じたので、 ちょっと書き直して、投稿してみますね。 テーマは「絶望」ですよ。よよよ。 万能とは、何もできないこと 例えば、大…

【機械音痴】フォトショップでブログのヘッダー画像とかを無料でつくろうよ

こんにちは、「お前がパソコンを触ると、パソコンがタイムスリップする」と言われる、のっさん(@nosaka_muscle)です。 断じて機械音痴ではありません。 さて、ブログのヘッダー画像って「人となり」がすごくでますよね。 こだわりたいですよね、オリジナル…

食費ゼロ!生みたての土佐ジローの卵が完成度高すぎ…!

取材させてもらったら、土佐ジロー先輩の卵をいただきました…!!ちいさくて、うつくしい!何だかわからないけど、卵をあげるってとてもオシャレな感じがして、どきどきです。 pic.twitter.com/RgF1I1h50Q— のっさん(きんにくほしい) (@nosaka_muscle) 201…

実食!ひげにんにくが「オシャレ食材」としてのポテンシャルを秘め過ぎているぞ

こんにちは、のさか(@nosaka_muscle)です。 高知の嶺北で食べた、ビアードガーリック(ひげにんにく)がうますぎたので、飯テロをしようと思います。 ごはん前の皆さん、残念でしたね。おなかをすかせて眺めてください。 よろしくお願いします。 ビアード…

こんな女の子の髪型が好きだ!(追記あり:衝撃の事実)

こういう髪型の女の子、好きなんだよねー 3割増しなんだよねー と話したら、「それってAKBとかに、めっちゃいるよね」って言われて なんだか複雑な気分になった。 p.s. (2017/03/15追記) なんとこの髪形、巷で「触覚ヘアー」と言われているそうで。 アイド…

路地裏の細道っていいよね。物語が始まるよね。

物語が始まりそうな場所、というのが自分の中にはあって、 そのうちの一つが、路地裏の細道なんだよね。 例えば、路地裏でひっそりとたたずむお店。 例えば、隅にぺたんと座り込むネコ。 例えば、薄暗い道をぼんやり照らすランプ。 大通りを離れて、遠くで響…

関西における、ツッコミ文化発達の背景とその文化人類学的要因

※本論文は多分に妄想と視点の偏りが含まれています。容量・用法をお守りの上、ご利用ください。 世界広しといえども日本国ほど「笑い」という行為の構造に着目し、その実践に邁進してきた国はほかにないであろう。 お笑い芸人という、面白さを絶対正義とする…

高知の清流、汗見川をひとりで堪能するという贅沢。

こんにちは、のさか(@nosaka_muscle)です。こんにちは。 岩場からしつれいします。 高知は汗見川にきています。 こんにちは。 あるいていると、ふしぎな植物にであったりします。 先がもふもふで、日に照らされるといい感じです。 いいかんじですね。とて…

価値ある文章ってなんなのか考えたら、映画マトリックスのことだった。

こんにちは、こんにちは。のっさん(@nosaka_muscle)です。こんにちは。 さいきんですね、人生ではじめて「文章を書いてお金をいただく」ということをしています。 \ いえーい! / おシゴトとして、文章をかくという経験をさせていただいてるんですね。 …

愛とは偏っているからこそ愛なので、僕はこれからもカメを偏愛する。

妙に、「カメ」という生き物が、気になる。 保育園児時代、図鑑でウミガメのページを開いたあの瞬間以来、私はカメに執着しているのだ。 創作的な活動では、すべからくカメをモチーフにしてきたし、ことあるごとにカメを表現してきた。 へたくそな絵にも粘土…

スマホスタビライザーでぬるぬる動画を撮ろう!zenic,veromanなどおすすめ10選

世はまさに大動画時代! ユーチューブをはじめとした幾多の動画サービスがしのぎを削る時代。 スマホカメラの進化で、日常生活で動画を撮る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。 そんな手軽なスマホの動画撮影ですが、やっぱり困るのは「手ブレ」。 …

大学院中退したら年収いくらで就職できるのか調べてみた。推定年収は○○万円!?

こんにちは、のっさん(@nosaka_muscle)です。 現在大学院休学中の私ですが、一時はすぐにでも大学院を中退しようと考えていました。 中退を考えていた時の懸念事項はやっぱりお金とか仕事のこと。 「もし中退したとして仕事に就けるのか」「まともな職業に…

挑戦したい人におすすめの本9選。こんな生き方もあり!

こんにちは、のっさん(@nosaka_muscle)です! 日本酒おいしい! 最近やっと気づいたんですが、おれって結構打たれ弱いみたいで。 大学生のころとか、ショックを受けて1週間くらい家に引きこもることとか結構ざらにあったんですよね。 でもまあ今は結構ひね…

about Me

このブログの運営者「のっさん」について。 カンタンな自己紹介 すきなこと、きらいなこと 性格 詳しいプロフィール ▶保育園 ▶小学校 ▶中学校 ▶高校 ▶予備校 ▶大学 ▶大学院 ▶協力隊 まとめると! ▶これまではこんな人だった! ▶今の自分こんなの! カンタン…

今いる場所から遠くへ行くべき6つの理由

こんにちは! 滋賀・岡山・高知・札幌に住んできた引越し大好き人間、のさかです。 今は札幌から高知の山奥に一時的に来ています。 こうして普段住んでいる場所から遠くに来ていると、よく来たねと驚かれたり、歓迎されたりすることが多々あります。 個人的…

元焼鳥屋店員が教えるバーベキューを格段に旨くする火おこしのコツ

キャンプや海水浴などアウトドアシーンには欠かせないBBQ。 しかし普段使わない「炭」での調理となるため火加減などの失敗も起こりやすく、なにも知らずにやると、せっかくの思い出に黒い影を残しかねません。炭だけに。 そこで今回は、炭火焼鳥を提供する居…

くそまじめだった僕が学歴を投げ捨ててタイに国外逃亡した話

全部を放り出して逃げ出せたら、どんなにラクか。 あらゆる連絡を絶って、どこか遠くに逃げ出せたらいいのに。 そんなことをあなたも一度は考えたことがあるかもしれません。 が、実際に実行したことがある人は少ないのではないでしょうか。 実は私、やって…

札幌のソウルフード、スープカレーを絶対楽しむ方法&オススメ店6選

北海道は数々のグルメで有名な都道府県ですが、「札幌」のグルメ、と言われれば何を思いつきますか? 私は約2年前から札幌に住み始めたのですが、それまで札幌の独自の料理ってあまりイメージできませんでした。 しかし札幌に住んで初めて知ったのは、ここ…

人生に迷うと高知に来るクセがある

高知に来ました。 これから3週間、滞在します。 夜行バス明けの早朝、 ひとまず落ち着けるところを探し、 たどり着いたスパ施設、ルーマプラザ。 早朝のスパにもかかわらず大勢の人で。 聞けばたまたまマラソンイベントが開催されるそう。 高知龍馬マラソン2…

ずっと心がモヤモヤするのは、感情を抑圧しているから

札幌発 カフェでもファーストフード店でも電車の中でも、 人の語りの中には怒りが溢れていて、 批判や苛立ちがあふれていて、 鼓膜を震わせたその音で ぼくの気持ちはぐちゃっと歪む。 ネガティヴな感情ほど衝動的に伝えたくなるようだ。 勢いに任せて言葉に…

「どうでもいいこと」を増やすと人生がクリアになる

他人にとっては大事でも、自分にとっては大事ではない、というものは、たくさんある。 当たり前の話だ。 部活が大事な人もいれば、勉強が大事な人もいる。 しかし「大事にして当たり前」ということが決められて、なんとなく外れてはいけない雰囲気ができると…

イカツイ客のおっちゃんから教わった理想の親の在り方と生き方

その客は、端的に言って、変だった。 プロレスラーのようなガタイに、店内に響くデカイ声。 このジューシーチキンってやつに惹かれて来たのな、と店員に話しかけ、だはは、と笑う。 イカツイし、忙しい従業員からしたらやたらと絡んでくる面倒くさい客。 な…

常識かどうかなんかより、自分の選択に夢中であるか。

おれは大学院に行くのを辞めてしまった人間だ。 そして辞めても日々充実して、なんとかかんとか生きている。 だけど別にレールを外れることそのものが良いことだとも、悪いことだとも思わない。 それはあくまで向き・不向きの問題であって、普通を外れた生き…

自分を優先すればいい。自分が良くなることが、世界を良くする。

自分を優先すればいいのだ、と思う。 自分を優先させる、というとまるで自己中で反社会的な主張のように聞こえるが 実はその逆で、自分を優先するということはむしろ結果的に社会を良くすることなのだとおれは信じている。 ここでいう「自分を優先させる」と…

やってみて、経験してみて、自分の結論を得るしかない。

どんな情報にも正解・不正解はないんだと思う。 絶対的な正解・不正解なんてないはずだと思う。 そこにあるのは誰かにとっての正解・不正解、というものだけで、 あらゆる角度から正解の情報とか不正解の情報とかがあるわけではない。 実際にこれだけいろん…

くすぶっていた自分へ。自分の持っているエネルギーを思い出せ。

自分の持つエネルギーを忘れてはいけないんだと思う。 本来自分はエネルギーをもっている人間なんだ、という大前提を、思い出さなきゃいけないんだと思う。 部屋のすみっこで悶々とくすぶっていた大学時代。 挫折し、失敗し、バカなことをして家族に迷惑をか…

他人の挑戦を批判する人は、自分自身が挑戦を諦めている。

年齢も立場も実績も全部関係なく、ただただ挑戦する人はかっこいいと思う。そういう人が好きなのは完全におれの趣味なんだけど。笑でもなんでか知らないが挑戦する人に対して、いろいろツッコミを入れたがる人が多くて、不思議だ。◯◯歳でそんなことやってち…

びびったまま、自信ないまま、やればいい。

何か現実を変えようとするのは、すごくこわい。一方でそういうのが全然こわくない人もいるんだろうが、おれはそういうこわさをかなり敏感に感じる方で。随分好き勝手生きるようになった今でもすごくこわい。でも昔は今よりも、もっともっと、こわかった。自…